2007~2009年 アンラーニング
2010~2011年 オルタセミナー

オルタセミナー:2010年度 

「日本」の構成的解体(くみたてなおし)を模索する

●プロジェクトA: いくつもの「日本」へ
「沖縄における模索の軌跡(そのⅰ)」
7月18日(日) PM1:00~PM4:00 サンフォルテ306号室

●プロジェクトB: いくつもの「民」から
「破壊されてきた日本社会  私・たち自身が壊す(そのⅰ)」
8月29日(日) PM1:00~PM4:00 サンフォルテ306号室
●プロジェクトA: いくつもの「日本」へ
「沖縄における模索の軌跡(そのⅱ)」
9月19日(日) PM1:00~PM4:00 サンフォルテ302号室
●12月19日(日) PM1:00~PM4:00 サンフォルテ306号室
プロジェクトB: いくつもの「民」から
「隙間の『当事者』にとってベーシックインカムとは何である/ありうるのか」
テキスト:小泉義之「残余から隙間へ」(「現代思想」2010年6月号)
古暮修三「現代のディオゲネスたちへ」(「週刊読書人」2010年7     月2日号)

●2011年1月23日(日) PM1:00~PM4:00 サンフォルテ306号室
プロジェクトA: いくつもの「日本」へ
「沖縄における模索の軌跡(そのⅲ)」
テキスト:屋嘉比収「『反復帰論』をいかに接木するか」(「情況」08年10月 号) 

●2月20日(日) PM1:00~PM4:00 サンフォルテ306号室
プロジェクトA: いくつもの「民」から
「『まだ見ぬわれわれ』への道筋を探る」
テキスト:杉田俊介「フリーターにとって『自由』とは何か Ⅰ-1」(05年  人文書院)

Topへ

2010年11月27日(土)
第3回「憲法フェスタ」参加企画

「2011年を 沖縄の〈自己決定権〉樹立との連帯の年に !!」
──その企ての意義/妥当性/可能性をめぐる論議の試み 

当日資料

アンラーニング201011

Topへ

2009年11月29日
〈ご案内〉
「アンラーニングプロジェクト09」後半期プログラム

グローバル経済の破綻は私たちの失敗ではない
「今のようではない生」の創造への〈鍵〉をさぐる 

「こんな世の中では、もう生きていけない!」──この十年余り、「構造改革」の名の下で強行されてきた私たちの「生」の保障の破壊への不安・憤りが、それを強行してきた新自由主義(ネオリベラリズム)を信奉する者たちとその政党を政権の外へと追いやりました。そうした人々の切実な声が、単なる国家権力のトップの入れ替えや、政策のささいな手直しへ切り縮められることを許さないためにも、この数年、この国で蓄積されてきた「もう一つの生き方/働き方/支え合い方」への模索を、私たちは更にどのように深めていくのか。その問いは、また、「政治屋」に私たちの「声」を託すのではなく、人々自身が、現在の支配のシステムに「拒否」を突き出すための新たな「デモクラシー」を〈街路〉からどのように生み出すのかという問いと、二重なものとしてあるはずです。
「アンラーニングプロジェクト09」の後半期では、それらの「問い」をめぐって参加者同士で自由な論議を重ね合わせることを通じて、「今のようではない生」の創造への〈鍵〉をさぐることを試みます。ぜひふるってご参加下さい。

プログラム

●第1回  間奏──「オルタナティブ」:いま模索のとき
「私の、私・たちのオルタナティブ──その核心にあるもの」
  09年11月29日(日) PM1:00~4:00 サンフォルテ305

●第2回  報告: 模索のための「他山の石」
──「民主党総選挙マニフェスト」をあらためてながめる
  09年12月13日(日) PM1:00~4:00 サンフォルテ306

●第3回 招待: もうひとつの〈食〉は可能だ!
──資本主義の「見限り方」としての「キッチンアクティビズム」
話し手: 樋口拓朗さん(キッチンアクティビスト・「抵抗食の会」)
  10年1月24日(日) PM1:00~4:00 サンフォルテ305

●第4回   試考(●)錯語(●): 全ての者の〈生〉の無条件の保障へ
──「生活保護制度」改革をさぐる
  10年2月21日(日) PM1:00~4:00 サンフォルテ306

●第5回  試考(●)錯語(●): オルタナティブな政治!?──賭金としての〈街頭〉
       10年3月28日(日) PM1:00~4:00 サンフォルテ306

 

アンラーニング201004

Topへ

2009年5月10日 
アンラーニングプロジェクト’09


オープニング:5月10日(日)
提起: 社会運動の現在的な課題
「今のようではない生」の創造への〈鍵〉(キーワード)をさぐる

「アンラーニングプロジェクト09」(09/5月─9月)案内

グローバル経済の破綻は 私たちの失敗ではない
「今のようではない生」の創造への〈鍵〉をさぐる 

 破綻しつつあるグローバル資本主義は、私たちの生を保障しない。ならば、資本主義を具体的に見限ろう。 「アンラーニングプロジェクト'09」は、「今のようでない生」を創造するための〈鍵〉をさぐることを、試みる。

2回以降のプログラム
第2回 6月14日(日)
報告: 『自由と生存のメーデー09』
+『アブレ者の路上会合in富山09』
第3回 7月12日(日)
報告: 全ての者に無条件で基本所得(ベーシツクインカム)を!
山森亮『ベーシックインカム入門』(「光文社新書」)を読む
第4回 8月2日(日)
招待: グローバル経済の破綻は、私たちの失敗ではない
『今のようでない生』の創造への〈鍵〉をさぐる
話し手:小倉利丸(富山大)
第5回 9月13日(日)
報告: まち/むらが編み上げる『モラルエコノミー』の再生 
ミニ・シンポ『まちの困民・むらの困民08』報告書を読む


アンラーニング200905

Topへ

2009年2月11日
「ありがとう9条 とやま憲法フェスタ」 参加企画
いま この時こそ「憲法フェスタ」
いま この時こそ「困民マニフェスト」


Ⅱ 問題提起 鈴木 剛さん(フリータ全般労組) 
  「『麻生邸』 リアリティツアー」から    
  「年越し派遣村」へ そして「麻生を倒せ!」 
Ⅲ 困民「党」アクションプランを考える 

当日資料

アンラーニング200902

Topへ

2008年11月23日
ラウンドテーブル
「米騒動」から90年 
私・たちは「米騒動」から何を受け取るか?

当日案内   当日資料

アンラーニング200811

Topへ

2008年4月18日
 G8を問う!富山県民集会: 講演 
 武藤一羊 (ピープルズ・プラン研究所運営委員)

 「もうたくさんだ!G8のやりたい放題 世界の未来は私たちが創る」  当日リーフ

反G8200804

Topへ

2008年4月6日

アンラーニング・プロジェクト08 資本主義を見限る

番外企画:「米騒動」から90年
  もうひとつの「米騒動」像を求めて

話し手 : 埴野謙二(生・労働・運動 net jammers)

アンラーニング200804

Topへ

2008年3月21日
 学習会:「G8を問う」 第2回
   小倉利丸 (G8を問う連絡会 事務局)
       G8を問う 私たちの課題は何か?
           当日リーフ

反G8200803

Topへ

2008年2月24日
アンラーニングプロジェクト
第Ⅱ期 ネオリベ的遠近法を超える
 ミッキーマウス! 攻勢の時だ
   「保証されざる者」の生・労働・運動
話し手:
 平井 玄(音楽批評・「ミッキーマウスのプロレタリア宣言」著者)


当日案内

アンラーニング200802

Topへ

2008年2月18日

G8を問う! 富山共同行動 への参加を
よびかけます 

学習会:「G8を問う」 第1回
越田清和 (G8サミット市民フォーラム北海道)  
G8は平和に貢献するか? 当日リーフ

反G8200802

Topへ

2008年1月13日
アンラーニングプロジェクト
第Ⅱ期 ネオリベ的遠近法を超える
「背後の未来」が現在(いま)と出会うとき PartⅡ
話し手 : 埴野謙二(生・労働・運動 net jammers)

ニューズレター

アンラーニング200801

Topへ

2007年12月2日
アンラーニングプロジェクト
第Ⅱ期 ネオリベ的遠近法を超える

 話し手 埴野謙二
    『背後の未来』からの遍歴 当日資料

アンラーニング200712

Topへ

2007年11月4日
アンラーニングプロジェクト
第Ⅱ期 ネオリベ的遠近法を超える

  話し手 小倉利丸
  アウトノミアからオルタグローバリゼーションへ   そしてG8をむかえうつ
    当日案内  ニューズレター

アンラーニング200711

Topへ

2007年9月30日
アンラーニングプロジェクト ’07
第Ⅱ期 ネオリベ的遠近法を超える
  今 出来(しゅったい)しつつあるアクション
  話し手 渋谷望  『生』が運動になるとき
    案内チラシ

アンラーニング200709

 

アンラーニング200709

Topへ

2007年7月8日

アンラーニングプロジェクト’07

第1期・現代日本社会を問いなおす・その1
「日本型雇用システム」の解体と再編 労働経済の視点から
  第3回:労働経済の視点から
  話し手: 坂 幸夫さん(富山大学・労働経済論)  

アンラーニング200708

 

Topへ

2007年6月3日

アンラーニングプロジェクト’07

第1期・現代日本社会を問いなおす・その1
 「日本型雇用システム」の解体と再編 労働経済の視点から  
  第2回:賃金のあり方をめぐって
  話し手: 坂 幸夫さん(富山大学・労働経済論)

アンラーニング200707

Topへ

2007年4月1日

アンラーニングプロジェクト’07

第1期・現代日本社会を問いなおす・その1
  日本型雇用システムの解体と再編 
   労働経済の視点から・第1回
   話し手: 坂 幸夫さん(富山大学・労働経済論)

アンラーニング2007

Topへ

 

2007~2009年 アンラーニング
2010~2011年 オルタセミナー