路上生活者支援ネット・困民丸相談所 

2012年11月18日 ラウンドテーブル: 「滑川『一家孤立死』事件につまづく
私たちの眼/耳は 何を視て/聴いているのか?

4名のファーストスピーカズをむかえて下記の3つの観点で話し合いました。

A このたびのことをどのように、受けとめていますか?

B このたびのことで、何を考えるべきだと思っていますか?
  →Oさんたちとは〈誰〉なのでしょうか?

C このたびのことについて、どのように対応したらよいと思いますか?
  →(Oさんたちのような人)に、どのようにしたら出会えるのでしょうか?

予定の4時を過ぎ、4時半まで白熱した議論が交わされました。

当日の資料 pdfファイル

ラウンドテーブル

挨拶をする代表

ラウンドテーブル

ファーストスピーカーの吉本先生(アイ/クリニック)

ラウンドテーブル

ファーストスピーカー惣万さん(このゆびとーまれ)

ラウンドテーブル

ファーストスピーカー 平井さん(自立支援センター富山)

 

ラウンドテーブル

ファーストスピーカー野田さん(富山県社協地域福祉・ボランティア振興課)

ラウンドテーブル
会場は満員

ラウンドテーブル: ご案内  案内pdf
「滑川『一家孤立死』事件につまづく
私たちの眼/耳は 何を視て/聴いているのか?

すでにご存知のように、9月はじめに滑川市で、一家3人が、死亡後しばらくたって、「発見」されるという出来事がありました。
 この近年「無縁社会」・「孤独死」(「孤立死」)というようなことばが流通するまでに、私たちの生きる社会では、生の困難にさらされ、声をあげることもままならぬままに、生き果てる人々の列が、つづいています。
 私たちの眼/耳は、何を視て/聴いているのか?  このたびの私たちの足下の出来事を前にして、私・たちは、深い自問にとらわれています。生の困難にさらされて、声もあげえぬ人々を、私たちには、視えなく/聴こえなくさせてしまう社会を、私たちは作ってしまっているのではないか?

 このたびの出来事を前にして 私・たちが感じる〈問い〉を持ち寄り、重ねあい、〈問い〉のむこうへ行く共同の手がかりを、模索したいという想いから、小さな企てを試みます。ご参加くださいますよう、呼びかけます。
 なお、当日は、以下の方に、とりあえずご自分の〈問い〉を出していただくことを、予定しています。

●11月18日(日) 午後1時30分~4時
  サンフォルテ306号室

●ファーストスピーカーズ
 吉本博昭さん (「アイクリニック」・富山市地域精神保健福祉推進協議会)
 惣万佳代子さん (「このゆびとーまれ」)
 平井誠一さん  (「自立生活支援センター富山」)
 野田智さん   (富山県社協地域福祉・ボランティア振興課
                富山県地域福祉権利擁護センター所長)

生・労働・運動ネット/困民丸相談所

困民丸201104

 2011年4月 花見ピクニック

Topへ

困民丸201012

 2010年12月 としくれの炊き出し

 

 2010年12月 路上死者 合同慰霊のつどい

困民丸201012新聞記事

2010年12月 路上死者 合同慰霊のつどい 報道

Topへ

困民丸201004

 2010年4月 花見ピクニック

Topへ

困民丸200903

 2009年3月 炊き出し

Topへ

困民丸200901

 

困民丸200901

 2009年1月 年始の炊き出し

Topへ

困民丸200812

 2008年12月 年末の炊き出し

Topへ

2008年に、路上生活者支援として、炊き出しを始めました。 

初めての炊き出し

 2008年1月 炊き出し

Topへ

クリックすると拡大します。

概要

Topへ

路上生活者支援ネット・困民丸